最新のブラウザをご利用ください。

現在お使いのバージョンの Internet Explorer はまもなくサポートされなくなります。サポートされないブラウザでは、一部の機能が正常に動作しない可能性があります。最新のブラウザにアップグレードして下さい。

  • Google Chrome

  • Firefox

  • Safari

  • Internet Explorer 11+

  • タップでお電話

  • 文字サイズ
  • 小
  • 大

お問い合わせ

銀座駅より徒歩0分。ホワイトニングや見えない矯正治療など。あなただけのオートクチュール歯科。

急な対応も随時受付・保険診療対応

インビザライン

オートクチュールだから貴方に相応しいスマイルをご提案します

皆様は「矯正」にどんなイメージを浮かべますか?

「針金」「見た目が悪い」「痛そう」「恥ずかしい」こういったところでしょうか?当院でも相談を受ける方は、この点が一つのネックとなり、治療する事を決断出来なかったとおっしゃいます。このような従来のデメリットを解消する為に全く新しい矯正装置が開発されました。それがインビザラインです。

目立たず、透明に近い、取り外しが可能な新しいアプローチの歯科矯正インビザライン・システムは、現在、世界45カ国以上の国々で提供され、これまでに250万人を超える患者様が治療を受けられています。

このページでは、他のマウスピース矯正やワイヤー矯正に比べてインビザラインがどのように優れているかや、治療の流れ、料金等についてご説明いたします。

インビザライン・フィッテイング

invisible(見えにくい)aligner(矯正装置)から由来するinvisalignは、その名のとおり見えにくく、目立たないのが最大の特徴です。従来の目立つ装置ですとおもいっきり笑えませんが、この装置は他人の視線が気になりません。

また、従来の装置とワイヤーの組み合わせですと、治療期間中は歯磨きに時間がかかりますが、インビザラインはご自身で取り外しが可能ですので、今までのように歯ブラシをしていただければ大丈夫です。

インビザラインとワイヤー矯正の違いと特徴

インビザライン ワイヤー矯正
治療期間 開始前にわかる 治療終了までわからない
審美性 透明でわかりにくい 矯正装置が見える
装着感 フィット感良好 擦れて口内炎などができることがある
適応ケース ワイヤーと併用になる場合もある 適応ケースが広い
痛み 痛くない 調整後に痛む場合がある
衛生面 取り外しができる 歯磨きのコツが必要

他のマウスピース矯正との違い

マウスピース矯正にはいくつかの種類があり、治療の方法や効果は大きく異なります。 「インビザライン矯正」は、最初の歯形をデジタル化して三次元的に治療完了までの治療計画を立てることが最大の特徴です。

「他のマウスピース矯正」では、個々の技工士の手作業で毎回の歯型を使って次のマウスピースを作成するのに対し、「インビザライン矯正」は、全世界100万人以上の臨床データを基にドクターが患者様に合わせた治療計画を立てるため、遥かに正確で再現性の高い最新の矯正システムです。

また「他のマウスピース矯正」では、各治療段階で歯形を採る必要があり患者様のストレスになりますが、「インビザライン矯正」では初めの1回だけです。

矯正治療は通常1ヵ月に1回通院しますが、「インビザライン矯正」では通常2~3ヵ月に1回の通院で治療を進めることができます。お仕事がお忙しい方や、遠方から来院されている方の多くが「インビザライン矯正」を選ばれています。

料金について

金額 合計 100万円(税抜き)
※調整料、保定装置すべて込み

当医院では、患者様に安心して矯正治療を受診して頂けるように、治療費残額を全アライナー終了時まで分割のお支払いで治療を進めて頂くことができます。その際は「金利ゼロ」「分割手数料無料」で、治療費を分割払いして頂くことができます。クレジットカードでもすべてのお支払いが可能です。

インビザラインの治療の流れ

歯並びのお悩みをカウンセリングし、矯正用の資料を作成します。(検査料2万円)

インビザラインでは、歯の状態を把握し正確に型を採ります。
精密なマウスピースによって歯を少しずつ動かすので、誤差のない歯型を作り記録します。

診査診断の結果と治療計画を、海外にあるインビザラインのメーカー「アライン・テクノロジー社」に送るための治療計画フォームを作製します。個々の患者様に合わせた治療計画を作成することが大切となります。

デジタルデータを送り、印象の提出からアライナーが届くまでの期間をスピーディーに行います。

治療計画フォームをもとに理想的なアーチ、最終的な咬み合わせ、歯の動きをプログラムしていきます。作成した治療シミュレーションを実際に治療可能なものにするために、担当の矯正医がインターネットを通じて細かな指示を出します。

カスタムメード型のインビザラインが作製されます。患者様一人につき2週間くらいでアライナーがクリニックに届きます。

インビザライン治療の開始です(60分)。マウスピース(アライナー)の取り外しの練習と使用方法、注意事項のご説明をして、次のアライナーをお渡し、初回アライナーを2週間使用していただきます。次回来院時より、アライナーを複数お渡し致します。

1~3ヶ月に1度来院していただきます。(必ず、アライナーを装着した状態で来院してください。)インビザラインの適合状態や歯の動き・歯並びの変化などを確認しています。(診療内容により来院頻度は異なります)

かみ合わせの確認や、シミュレーション画像と実際の歯の動きの比較を行い、微調整(リファイメント)が必要な場合は、インビザラインの歯型をスキャニングを再度行います。アライナーを作成して治療を継続致します。

※インビザラインteen、i7などは、リファイメントに料金がかかる場合があります。

インビザライン矯正治療後は、歯並びが元に戻らないように保定を行います。歯を動かした後でも、歯の周りの組織が安定するまでに時間がかかるためや、かみ合わせの力によって、歯並びが崩れてしまうのを防ぐために、大事な期間になります。

vivera リテーナー

インビザラインのメンテナンス(矯正治療後の歯並びを維持するため正常できれいになった歯並びを崩れないように保つため、後戻り防止装置(viveraリテイナー)という装置をマウスピース矯正後に装着します。この保定装置は、インビザラインと同様の3Dで作成するので、精密な保定が可能で、透明で審美性にも優れており、目立ちません。

最初の1年は、インビザラインと同様に1日中装着します。その後は就寝時のみ毎日装着します。

※保定とは、歯の後戻りを防止することです。


インビザライン teen

お子様でもインビザラインで矯正治療ができるようになりました。おおよそ10歳くらいから始められるマウスピース矯正です。ワイヤー矯正装置に比べ、痛みや違和感が少なくスポーツに勉強、遊びに集中できます。

期間は永久歯が全て生え揃うまでです。(およそ中学校2年生まで)今後、生えてくる永久歯をマウスピース内に誘導しながら正しい歯列に矯正していきます。

インビザラインteenの治療条件

  • ・骨格に大きな異常がないこと
  • ・虫歯治療が済んでいること
  • ・第一大臼歯(6番)と第一小臼歯(4番)が完全に生えていること(10歳以下でも生えていれば治療可能です)

ワイヤー矯正より優れているところ

  • ・歯磨きがしやすいので虫歯になりにくい
  • ・通常のワイヤー矯正治療より早く始められるケースがある
  • ・装置が外れるトラブルが少ない
  • ・治療期間や一回の治療時間が短縮できる
  • ・最終的な歯並びをコンピューター3Dで確認できる

お問い合わせ

初めての方

再診の方

お問い合わせ

WEB予約

お問い合わせ

タップでお電話する

フォームからのお問い合わせ