最新のブラウザをご利用ください。

現在現在お使いのバージョンの Internet Explorer はまもなくサポートされなくなります。サポートされないブラウザでは、一部の機能が正常に動作しない可能性があります。最新のブラウザにアップグレードして下さい。

  • Google Chrome

  • Firefox

  • Safari

  • Internet Explorer 11+

  • タップでお電話

  • 文字サイズ
  • 小
  • 大

お問い合わせ

銀座駅より徒歩0分。ホワイトニングや見えない矯正治療など。あなただけのオートクチュール歯科。

急な対応も随時受付・保険診療対応

スタッフブログ

  • 根の治療(根管治療)をした歯は脆くなるのか?
  • BLOG
  • HOME

根の治療(根管治療)をした歯は脆くなるのか?

2021.09.29

こちらも患者様からの質問です。
「根の治療をした歯は脆くなる」というお話は聞いたことがある方もいらっしゃるかと思います。
「枯れ木のようになってしまって栄養がいかなくなってしまう」という表現をされることもあるそうです。

実際のところ根の治療を行うことで歯を削るのでそういった意味では強度が落ちるかもしれませんが、そういう意味でいうと詰め物(インレー)の治療でも歯を削りますのであまり変わらないといわれています。
むしろ大きな詰め物の場合の方が歯が脆くなってしまうというデータもあります。

また神経があってもなくても歯の強度自体は変化がないというデータもあります。

 

今回は2004年のSalehrabi R, Rotstein I.らによる文献を紹介します。
全米で1,462,936本の歯の根の治療の予後を調べたものですが、結果抜歯になってしまった歯の85%は被せ物(クラウン)がされておらず、被せ物ありと比べ前歯で4.8倍、小臼歯で5.8倍、大臼歯で6.2倍抜歯のリスクが高かったと報告されています。

 

この文献からも根の治療をした後は被せ物をする必要性が高いと言えます。

結論としては根の治療をすることでものすごく歯が弱くなるというわけではなく、被せ物をすることでより高い確率で歯を保つことができるということです。

 

銀座五丁目歯科
柴田凱人

Category - スタッフブログ, 歯の根の治療

お問い合わせ

初めての方

再診の方

お問い合わせ

WEB予約

お問い合わせ

タップでお電話する

フォームからのお問い合わせ