最新のブラウザをご利用ください。

現在お使いのバージョンの Internet Explorer はまもなくサポートされなくなります。サポートされないブラウザでは、一部の機能が正常に動作しない可能性があります。最新のブラウザにアップグレードして下さい。

  • Google Chrome

  • Firefox

  • Safari

  • Internet Explorer 11+

  • タップでお電話

  • 文字サイズ
  • 小
  • 大

お問い合わせ

銀座駅より徒歩0分。ホワイトニングや見えない矯正治療など。あなただけのオートクチュール歯科。

急な対応も随時受付・保険診療対応

スタッフブログ

より安全・より正確なインプラント治療のために(その6:ガイデッドサージェリー)

2019.07.30

こんにちは、歯科医師の椎名です。
前回は静脈麻酔鎮静法について説明させていただきました。

今回はインプラント手術、そしてデジタル化により進化したガイデッドサージェリーについてお話ししていきます。

 

まず基本的なインプラント手術の流れについて以下に(簡略にですが)書いていきます。

①麻酔後、歯茎を切開・剥離してインプラントを入れたい場所の骨がしっかりと見えるようにする

②専用ドリルで骨の中にインプラントを埋入するスペースを掘っていく

③インプラントを埋入

④インプラントにネジの蓋をして、歯肉の縫合・止血をして終了

⑤麻酔からの覚醒、確認のレントゲン写真撮影・術後説明を行い、お薬の処方

となります。

 

今回お話しをしたいのは②と③のパートについてです。

ガイドを用いない手術ではCT上での理想的なインプラント位置を参考にしながらも

術者の経験に基づいた判断や技術を駆使してその位置を再現できるようドリリング・埋入していきます。

しかし、体動もある口の中で計画通り寸分違わずインプラントを入れるというのは非常に困難です。

また、骨は表面が硬く、内部は比較的柔らかかったり、人によって骨の質も様々に異なります。

硬い部分と柔らかい部分の境目をフリーハンドでドリリングしようとすると

硬い部分で滑り、柔らかい方へドリルが誘導されてしまうことも起こり得ます。

 

人の手で行う以上、技術の差にもよりますがわずかなズレというものは生じてしまうというわけです。

統計的にはミリ単位のズレがあると言われています。

(もちろんそれも見越して許容範囲に収められるよう治療計画を立ててもいるのですが)

 

全ての歯科医師が機械のように正確に全症例で手を動かせるゴッドハンドであれば最高ですが、

そんな話は現実的にはあり得ないでしょう。

 

しかしながら歯科の世界でもデジタル化が推し進められた結果、

コンピューターの力を借りれば機械のように正確にインプラント手術ができるようになりました。

それが現在のガイデッドサージェリーです。無理に訳すとすれば「導きのある外科手術」でしょうか。

 

CT撮影による骨データ、そしてスキャンした歯のデータをコンピューター上で重ね合わせ

3Dプリンタで下のような歯にフィットする「ガイド」を製作、

あとはガイドを歯にしっかり合わせたうえでスリーブ(金属の輪)の中を通してドリルを入れれば

誤差もブレも最小に抑えつつ②と③の治療を行う事ができるというわけです。

これにより術前に入念に計画を立てたインプラント位置を正確に再現できるようになるため、

さらに安全性の高いインプラント手術を患者様に提供できるようになりました。

まさしくデジタル化の恩恵ですね。

 

IMG_4868IMG_4869

 

写真左はストローマンガイドの実物です。(写真右は模型装着時)

このガイドを実際の患者さまの歯にしっかり合うことを確認、

専用器具を用いることで各サイズのドリル、インプラントはこの金属の輪の中をブレる事なく

事前に計画された位置、深さに精密に埋入されていきます。

 

 

これまでの内容は過去の投稿をご覧ください。

下記リンクから当HPの過去ブログ記事に飛びます。

その5:静脈麻酔鎮静法

https://www.ginza-smile.info/implant/3544

その4:治療計画

https://www.ginza-smile.info/blog/3512

その3:既往歴、全身疾患

https://www.ginza-smile.info/blog/3460

その2:歯周病

https://www.ginza-smile.info/blog/3462

その1:インプラント治療とは

https://www.ginza-smile.info/blog/3439

 

以下関連リンク(外部ページにジャンプします。)

銀座五丁目歯科Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCvSafDRjrSby82aKGY0Yr8A

銀座五丁目歯科HP
https://www.ginza-smile.info/

銀座五丁目歯科インスタグラム
https://www.instagram.com/ginza5dental/

銀座五丁目歯科Twitter
https://twitter.com/47vtej6wn5iav93

IOSセミナーへ行ってきました

2019.07.03

こんにちは、歯科医師の椎名です。

先日、ストローマン・ジャパン本社にて開催された植松厚夫先生のIOSセミナーに参加して参りました。

IOSとはIntra-Oral-Scanner(口腔内スキャナー)の略語です。

 

通常のお口の中の型取りは、アルジネート、寒天、シリコンといった粘土のような材料を数分間お口の中に入れて固まるのを待ってから外すというやり方で行います。

これが苦手な方は多くいらっしゃいますし、どうあっても唾液が型につきますので、そこから石膏を注いで模型に起こしていく過程で、お口の中の細菌が外部に出てしまうのは防ぎようがないのも事実です。

ですがIOSであればそうした問題を多く解決でき、デジタルデータとして保存・コピーもできるため、患者さまにも我々医療従事者にも様々な利点があります。

詳しくは改めてIOSをテーマにお話しさせていただければと思います。

 

ストローマンフォーラム2019でも植松先生はIOSの講演をされており、その時もデジタル化が進む歯科の最新内容に衝撃を受けましたが、今回さらに時間をかけてIOSについての先生の知見を伺うことができました。

質疑応答も盛んで、受講された初対面の先生方ともお話しする機会に恵まれた実りある1日でした。

IMG_4363

植松先生と記念撮影

(たくさんの質問にご丁寧にお答え頂きありがとうございました。)

IMG_4360

実物の10倍くらいのインプラント模型

IMG_4358

LINEとストローマン、イメージカラーが緑つながりですね笑

 

いよいよ7月ですね。

暑さに負けず、スタッフ一同頑張ってまいります。

 

 

以下関連リンク(外部ページにジャンプします。)

銀座五丁目歯科Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCvSafDRjrSby82aKGY0Yr8A

銀座五丁目歯科HP
https://www.ginza-smile.info/

銀座五丁目歯科インスタグラム
https://www.instagram.com/ginza5dental/

銀座五丁目歯科Twitter
https://twitter.com/47vtej6wn5iav93

 

 

お問い合わせ

初めての方

再診の方

お問い合わせ

WEB予約

お問い合わせ

タップでお電話する

フォームからのお問い合わせ